過去のカンファレンスはこちら

カンファレンス

「2015年アニュアル・カンファレンス」盛大に開催されました。11/26(木)

JMRAは、創立30周年の2005年より毎年カンファレンスを開催しています。 この「アニュアル・カンファレンス」では、内外への情報発信、情報交流の場を定例的に設け、マーケティング・リサーチの一層の発展を目指しております。

2016年は、11月開催の予定です。

「2015年アニュアル・カンファレンス」盛大に開催されました。11/26(木)

JMRAアニュアル・カンファレンス 2015
『40 (for Zero) ゼロベース思考で明日を創る』

日   時:2015年11月26日(木)
場   所:ハイアットリージェンシー東京 B1F
http://www.hyattregencytokyo.com/access/
  
コンセプト:『40 (for Zero) ゼロベース思考で明日を創る』

参加者人数:621名(参加者498名、スタッフ、発表者/サポーター123名)


◆◆◆◆プログラム概要(カンファレンスホームページ)◆◆◆◆

◆基調講演
「ゼロベース思考で明日を創る」 -Self-Innovation-
株式会社 リアルディア
代表取締役社長 前刀 禎明 氏

◆特別講演
「フルスイングで到達した、2020年のコンパクトカー」
株式会社アドヴィックス
取締役社長 小木曽 聡 氏

■活用事例 最優秀賞
シングルソースパネルデータにおける品質管理技法と発展的活用に関する考察

株式会社インテージ 中野 暁 氏
株式会社インテージ 田中 由紀子 氏


案内状電子版
  

オフィシャルスポンサー

【プラチナスポンサー】~五十音順~
■株式会社インテージ
■株式会社ビデオリサーチ
■楽天リサーチ株式会社

【ゴールドスポンサー】
■株式会社クロス・マーケティンググループ
■サーベイサンプリングインターナショナル
■ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン株式会社
■株式会社社会情報サービス
■株式会社日経リサーチ
■株式会社マーシュ
■株式会社マクロミル


【シルバースポンサー】
■Confirmit Ltd


【ブロンズスポンサー】
■株式会社NTTデータ数理システム
■Cint Japan株式会社
■GMOリサーチ株式会社
■トビー・テクノロジー株式会社
■トルーナ・ジャパン株式会社
■株式会社マーケティングアプリケーションズ
■リサーチ・ナウジャパン合同会社
■ESOMAR

【ドリンクスポンサー】

■キリン株式会社
■日本コカ・コーラ株式会社
■ネスレ株式会社

発表コンテンツ 

A会場】
◆ワークショップの魅力と可能性
 東京工業大学 教授 中野 民夫 氏

◆Marketing Research 2.0 プロジェクト
 日本マーケティング協会

◆IOT
富士通株式会社
産業・流通システム事業本部
ソリューション事業部 流通ソリューション部
シニアディレクター 大久保 龍一 氏

◆「DMPによる調査データのアクティベーション」
~調査の真価が問われる時代へ~
日産自動車株式会社 日本/アジア市場情報部
主坦 長岡 浩史 氏

株式会社 カンター・ジャパン
デジタルソリューション エキスパートマネージャー
関井 利光 氏


【B会場】
◆国際委員会
"THINK GLOBAL !"
司会
株式会社フィスコ リサーチレポーター
飯村真由氏

<講演>
クロス・マーケティング・グループ 五十嵐 幹 氏
GMOリサーチ株式会社 細川 慎一 氏
楽天リサーチ株式会社 森 学 氏
ESOMAR John Smurthwaite 氏

◆活用事例①~③
◆ランダム・インターセプト(RDIT)による日本のインターネット利用の実態と今後のリサーチの可能性

株式会社クロス・マーケティング 岸田 典子 氏


◆シングルソースパネルデータにおける品質管理技法と発展的活用に関する考察

株式会社インテージ 中野 暁 氏
株式会社インテージ 田中 由紀子 氏


◆『回答確信率』~消費者の意識評価の迷いを把握する感性分析を使った新手法~

GMOリサーチ株式会社 工藤 公久 氏



◆出版委員会
出版委員会40周年記念誌連動企画「これからのマーケティング・リサーチャーの可能性」

株式会社ロフトワークイノベーションメーカー
棚橋弘季氏

株式会社ビデオリサーチリサーチ・プランナー
小木 真氏

株式会社レアソン
リサーチ&コンサルティンググループ シニア・アナリスト
古賀由希子




学生向けコンテンツ

概要説明
  

参加者アンケートにご協力ください

https://questant.jp/q/JMRA_2015
  

Get Adobe Reader PDF形式のファイルをご利用になるためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で提供されています。