本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
会員社得意分野情報

(株)消費者行動研究所

代表者名
山田 直昭
本社所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-15-9 さわだビル2F
電話番号
03-5366-5266
FAX
03-5366-5269
ホームページ
http://www.cbr.co.jp
E-mail
リサーチャー/
コンタクト先
設立年月日
1980年6月19日
資本金
1,000万円
全売上高
従業員総数
24名(男11名・女13名)
登録調査員数
70名
備考
Pマーク登録番号
12390035(08)
Pマーク有効期間
2017年4月7日2019年4月6日

わが社の特徴

わが社の特徴
CBRの最も得意とする調査は、会場調査(CLT)および定性調査です。
過去35年に渡る飲み物調査のパネルデータ(年間4期計1万人)も保有しております。

会場調査(CLT)は、新宿西口、渋谷センター街、吉祥寺、横浜の他、新宿御苑本社の5箇所に自社専用の調査会場を持ち、各地のレンタルホールも使用して、年間に50,000人以上の会場調査を実施しています。製品テスト(試食・試飲を含む)、パッケージテスト、シェルフテスト、コンセプトテスト、CMテストなど、消費者を対象としたあらゆるタイプの会場テストに対応可能です。調査会社様向けにはフィールドの請負業務、貸会場業務も行っております。

定性調査は本社に専用のインタビュールームをもち、専属のモデレーターとリサーチャーが、お客様の目的やニーズに合わせて、インタビューフロー作成から、リクルート、インタビュー、分析、提案まですべてを行います。 また強力なリクルート力を持っており、ターゲットとなる対象者を的確にすばやくリクルートして調査を実施することができます。
定量調査チームと定性調査チームの連携により、定量調査後の質的フォローアップや、定性調査から仮説を引き出し定量調査での検証といった一連のテストも確実に実施することが可能です。

<飲み物調査パネルデータ>年間4回京浜京阪神2500人ずつについて、各人1週間の飲用記録を取り続けています。過去35年にわたって、各種飲料の銘柄、味、容器、飲用量・杯数、場所、時間帯、飲用者特性などの貴重なデータをご提供できます。

得意とする調査分野

消費・購入実態/消費者の態度意識調査既存製品の検討/評価新商品開発(コンセプト・テスト/製品テスト)価格パッケージ/ネーミング広告の事前テスト(コピー/CMテスト)広告効果測定顧客満足

得意とする調査手法

訪問留置調査郵送調査電話調査セントラルロケーションCAPI街頭調査インターネット調査ホームユーステストグループ・インタビューデプス・インタビューその他の質的調査パネル調査

得意とする調査地域

関東近畿九州・沖縄