本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
会員社得意分野情報

ニールセン デジタル(株)

代表者名
福徳 俊弘
本社所在地
〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー11F
電話番号
03-6837-6500
FAX
03-5561-6901
ホームページ
http://www.netratings.co.jp/
E-mail
Yoshiya.Nakamura@nielsen.com
リサーチャー/
コンタクト先
中村 義哉
設立年月日
1999年5月18日
資本金
1億円
全売上高
従業員総数
50名
登録調査員数
備考
Pマーク登録番号
12390059(07)
Pマーク有効期間
2017年3月14日2019年3月13日

わが社の特徴

ニールセン株式会社は、インターネットを中心に、消費者のデジタルデータを収集するとともに、リスニング&アスキングによって、マーケットの先行指標となる消費者の動向を明らかにしていくことを目指しています。

・消費者のインターネット利用動向をはかるインターネット視聴率データ「NetView」の提供・広告出稿量統計や広告効果検証サービスなどによる広告最適化に向けたソリューションの提供・ソーシャルメディアリスニングによる消費者インサイトの分析やブランド管理
などを行っています。

日々、蓄積される消費者のデジタルデータは、ブランドと消費者をつなぐ情報の宝庫とも言えます。このデジタルデータから、マーケッターである企業やブランドマネージャー、メディアプランナーに示唆を与える分析やインサイトを提供するのがニールセン株式会社の役割です。そのためには、分析力とクリエーティビティが要求されます。デジタルデータの大海原を航海するナビゲーターとなって、インターネット業界だけでなく広告・マーケティング業界を牽引する存在になりたいと思います。

親会社のニールセンは、世界的な情報・調査会社で、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。今後は、TV、インターネット、モバイルの「3スクリーン」に対する評価指標やソリューションの提供を目指していきます。同時に、ニールセングループの消費者の購買行動を分析する部門であるニールセン・カンパニー合同会社とも、さらに連携を深めて統合的なマーケティング課題の解決に貢献できるよう努めて参ります。

ニールセン株式会社はニールセン、トランスコスモス株式会社などの出資による合弁会社です。ニールセンの消費者視聴行動分析部門の日本法人として、視聴者分析、広告分析、ソーシャルメディア分析の3つのソリューションを通じて、お客様のビジネスにおける重要な意思決定を支援するデータ、分析、インサイトを提供しています。製品やサービス、及び分析結果のインサイトについては、広告主企業、メディア運営企業、Eコマース企業、広告会社より高い信頼性の評価をいただいております。ニールセン株式会社のサービス概要、及び会社概要は、http://www.netratings.co.jp/ でご覧いただけます。

ニールセンの消費者購買行動分析部門は、ニールセン・カンパニー合同会社です。
消費者調査、ショッパー調査、メディカルリサーチ、販売予測、マーケティングROI分析、コンシューマーニューロサイエンス分析、海外市場情報提供などを行っています。ニールセン・カンパニー合同会社のサービス概要、及び会社概要は、http://jp.nielsen.com/site/index.shtml でご覧いただけます。

ニールセンについて
ニールセン・ホールディングスN.V.(NYSE:NLSN)は世界的な情報・調査会社で、マーケティング及び消費者情報、テレビ等のメディア情報、オンライン情報、モバイル情報、トレードショーやそれに関連した分野でリーダー的地位を確立しています。アメリカ・ニューヨークとオランダ・ディーメンに本社を持ち、世界100カ国以上でビジネスを展開しています。詳細は、ホームページ(www.nielsen.com)をご覧下さい。

得意とする調査分野

消費・購入実態/消費者の態度意識調査既存製品の検討/評価新商品開発(コンセプト・テスト/製品テスト)市場実験(テストマーケティング/マーケットモデル)価格パッケージ/ネーミング広告の事前テスト(コピー/CMテスト)広告効果測定新聞/雑誌/その他の媒体企業イメージ/CI顧客満足ビジネス・ツー・ビジネス産業財/生産財流通段階商圏医療調査分野--その他

得意とする調査手法

訪問面接調査訪問留置調査郵送調査電話調査CATIセントラルロケーションCAPI街頭調査インターネット調査観察調査ホームユーステストグループ・インタビューデプス・インタビューその他の質的調査オムニバス調査パネル調査モニター調査調査手法--その他

得意とする調査地域

日本全域(全国)アジア北・中米南米ヨーロッパオセアニアアフリカ中近東