本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
【お知らせ:詳細】お知らせ(すべて)

2018.08.13

会員向け

ISO20252が2019年度内にJIS化の見込み

市場・世論・社会調査の国際的な品質管理規格であるISO20252(改訂第3版:2018年11月発行見込み)が、2019年度内にJIS規格化される予定です。

このほど、経済産業省及び(一財)日本規格協会の補助事業である「JIS原案作成公募制度」にJMRAが応募し、早期のJIS化に取り組むことになったものです。

ISO20252のJIS化によるメリットとして、以下があげられます。

① 日本国内での調査サービス利用者への認知・理解度の向上
② 業界内外への周知徹底のしやすさ向上
③ 公的統計分野における「プロセス保証」への貢献

特に重要と見込まれるのが③で、中央省庁だけでなく、地方自治体の調査業務発注部署に対するJMRAの取り組みを、よりアピールしやすくなると期待されています。

また、改訂第3版にはアクセスパネル管理が組み込まれ、ISO19731(デジタル分析とWeb解析)からの引用もなされることから、現状の市場・世論・社会調査の領域を網羅した総合化が図られることになります。
加えて、従来は厳しい著作権管理規定に縛られていたISO規格の引用がJIS化によって自由化され、使い勝手が向上します。

JMRA及びISO認証支援センターでは、この機会にISO認証の意義や効用について、よりPRに務めてまいります。

さらに詳しい情報が必要な方は、JMRA事務局までお問い合わせください。

(お問合せはこちら↓)
office@jmra-net.or.jp