セミナー セミナーカレンダー

2017年度新人リサーチャー合宿セミナー

リサーチャーの第一歩 基礎を体系的に学ぶ 新人リサーチャー合宿セミナー

印刷用パンフレット(PDF:948KB)


◆ ポイント
■マーケティング・リサーチ業(市場調査業)の初心者の方が習得するべきことを網羅したカリキュラムです。
市場調査の全体像を理論→調査技術の概要→調査手法の詳細→実践と段階的かつ集中的に学ぶことができます。

■座学だけでなく、調査企画のアウトプット作成を行うことで理解と実践力を高めます。
グループワークで調査企画を作成する際には、JMRA の研修委員が各グループを指導し、最終発表の審査と講評を行います。

■マーケティング課題、リサーチ課題へのアプローチを最重要視しています。
現場に出るとじっくり取り組むことがなかなかできませんが、ここに調査企画の根幹があります。
グループで、講座全体で講師や研修委員も交えて活発な議論をしましょう。


◆ 講座の概要
1.理論の理解
『マーケティングとマーケティング・リサーチ』
マーケティング活動にとってマーケティング・リサーチがどのように貢献しているのかを理解し、その役割と可能性を学びます。

2.調査技術の概要
『調査の基本 ~一から始めるマーケティング・リサーチ~』
現場ではなかなか触れられることのない「調査のそもそも論」からスタートします。サンプリングとは何か、マーケティング課題とリサーチ課題の違いとは何か、クライアントとともに考えるべきことはなにか。リサーチの基礎を習得します。

3.調査手法の詳細
『定性調査の基本的な考え方』/『集計の考え方』/『リサーチャーの視点』/『市場調査の品質管理』
個別の手法や、技術的な観点からの注意点、達成すべきこと、解決すべきことを理解します。

4.実践
『グループ演習 調査企画の作成』
与えられた課題をもとに、マーケティング課題、リサーチ課題をつかみ、問題解決に至る調査企画を作成します。

<2016年度の参加状況>
  • 新卒で入社された方、中途入社の方、リサーチ関連部門に新しく配属された方に多くご参加いただいています。
  • 調査会社のみならず、リサーチ・ユーザーの関連部門の方にもご参加いただいています。


  • <過去の参加者より>
  • スタンダードなマーケティング・リサーチの流れを理解できました。また、様々な職種の参加者がいて互いの部門の業務について理解できました。(調査会社 調査経験1年未満)
  • 設計をする上で大事なことの理解がすすんだと感じました。実務シミュレーションを通して指摘をいただくのが一番効きました。(調査会社 調査経験1 年~2年未満)
  • マーケティング・リサーチに限らず自身の他業務にも応用できそうな「考え方」を勉強できました。 
    (リサーチユーザー 調査経験なし)
  • それぞれの分野でのスペシャリストの方のお話を聞くことができ良かったです。
    (調査会社 調査経験1年未満)
  • グループワークが大変でしたが特に良かったです。プレゼンテーション後、きちんとフィードバックしていただけたのでとても勉強になりました。 (調査会社 調査経験1 年~2年未満)
  • 頭の中にモヤッとある考えを企画書にアウトプットした際に、どうしても落としきれなかったと感じていた部分を的確に指摘して下さいました。 (調査会社 調査経験1年未満)
  • 知識として学んだことを実践する場があって、かなり頭をつかいました。マーケティング経験が浅く、人に聞きにくいことも気にせずに聞くことができました。 
    (調査会社 調査経験1年未満)
  • 開催日・会場

    2017年4月19日(水)~ 4月21日(金) 《2泊3日》
    晴海グランドホテル
    〒104-0053 東京都中央区晴海3-8-1
    TEL. 03-3533-7111  http://www.maxpart.co.jp/harumi/access.html

    プログラム

    下記の講義プログラムとグループ演習で構成されています。
    ※プログラムは予告なく変更になる場合があります。

    マーケティングとマーケティング・リサーチ
     (楽天リサーチ株式会社 顧問 三木 康夫 氏)

    調査の基本~一から始めるマーケティング・リサーチ~
     (統計調査センター株式会社 代表取締役 深野 晴彦 氏)

    定性調査の基本的な考え方
     (フリーリサーチャー 肥田 安弥女 氏 統計調査センター株式会社 林 美和子 氏)

    集計の考え方まとめ方
     (株式会社電通マクロミルインサイト 渡邉 瑞規 氏)

    リサーチャーの視点
     (ネスレ日本株式会社 部長 松崎 收亨 氏)

    市場調査におけるWeb リサーチ
     (JMRA 研修分科会)

    市場調査の品質管理-調査への信頼をいかに高めるか-
     (株式会社クロス・マーケティング 野口 秀樹 氏)

    グループ演習(オリエンテーション・調査企画の作成・プレゼンテーション・プレゼンテーション評価セッション)
     (JMRA研修分科会)


    定員

    30名 (定員になり次第締め切らせていただきます)
        (一般(会員以外)の方につきましては10名を限度とさせていただきます。)

    申込先および申込方法

    ●申込先
    一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会
    〒101-0044 東京都千代田区鍛冶町1-9-9 石川LKビル
    電話 03(3256)3101 FAX 03(3256)3105

    ●申込方法
    申込書にご記入の上、上記申込先にご送付ください。
    ホームページからもお申込みいただけます。 
    http://www.jmra-net.or.jp/seminar/

    申込締切

    2017年4月13日(木)

    参加費および支払方法

                          正・賛助会員社       一般
    1 名ご参加の場合         140,400円(消費税込) 183,600円(消費税込)
    1 社より2~3名ご参加の場合  129,600円(消費税込) 172,800円(消費税込)
    1 社より4名以上ご参加の場合 118,800円(消費税込) 162,000円(消費税込)
    ※早割 2017年2月28日までにお申込みいただいた場合、1名につき5,400円(消費税込)を割引いたします。

    銀行振込
     三菱東京UFJ 銀行 飯田橋支店(普通)4669542
     みずほ銀行 飯田橋支店(普通)0660769

    請求書・参加証等は3 月21日から発送を開始いたします。
    請求書到着後、4 月18日(火)までにお支払いください。
    参加者が10 名に達しない場合は、開催を見合させていただく場合がございます。
    その際は、事前にお申込み者にご連絡差し上げます。

    参考資料

    「マーケティング・リサーチ綱領」

    お願い

    参加費はご欠席されても返金できません。お申込みされた方がご都合の悪い場合は代理の方がご出席ください。代理の方のご参加も難しい場合は、11日前までに、ご連絡ください。それ以降の場合は下記のキャンセル料を申し受けますので予めご了承ください。

    キャンセル料
     11 日前~3 日前のキャンセル 参加費の20%
     2 日前~前日のキャンセル 参加費の70%
     当日キャンセル、ご連絡がなかった場合 参加費の100%
    また、当日の録音機器等の持ち込みは固くお断りいたします。

    個人情報の取り扱いについて

    下記の個人情報の取扱いに関する事項についてご確認いただき、同意の上お申し込みください。

    ■ 事業者の氏名または名称 一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会
    ■ 個人情報保護管理者 一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会 事務局長
    ■ 個人情報の利用目的 取得した個人情報は、お申込み受付対応およびセミナー運営のために利用いたします。「 登録の可否」欄に「可」としていただいた場合は、上記に加えて、JMRA メールニュース ( 月に一度の業界の情報をお届けするメルマガ) や参加セミナーの関連情報を配信するために利用いたします。
    ■ 個人情報の第三者提供について 本人の同意がある場合または法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはありません。
    ■ 個人情報の取扱いの委託について 取得した個人情報の全部または一部を委託する場合があります。その場合には、個人情報の管理水準が、当協会が設定する基準を満たす企業等を選定し、適切な管理、監督を行います。
    ■ 開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口について
    本人からの求めにより、当協会が本件により取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・ 利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に応じる窓口は、下記になります。
    一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会
      個人情報 苦情・相談窓口責任者 (TEL:03-3256-3101   FAX:03-3256-3105)

    2018年度のご案内は、2018年1月下旬の予定です。

    Get Adobe Reader PDF形式のファイルをご利用になるためには、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で提供されています。