委員会活動等

国際委員会

国際委員会は、海外のマーケティング・リサーチ団体との連携を図り、リサーチ技術の向上に向けた国際協力の基盤を形成していくことを目的としています。 また会員社に海外情報を提供すると同時に、海外へ向けて情報発信を行います。


国際委員会の活動

次の基本方針・獲得目標を掲げ、会員社に向けたカジュアルセミナーなどを検討・実施することで海外MR事情に関する情報交流の場を増やし、JMRAのグローバル化を図る。合わせて国内から海外に向けての情報発信力を強化する。


基本方針

    「リサーチャーの国際交流の推進支援を通じ、JMRAのさらなる国際化の実現に貢献する」

獲得目標

  1. 若手リサーチャー向けグローバルワークショップの開催
      JMRA正会員社の協力を得ながら、内外で活躍するグローバルリサーチャーや海外出身のビジネスパーソンによるインタラクティブなワークショップを開催し、若手をはじめJMRA会員社が気楽に、自らの言葉で自らを表現しながら、グローバル感覚を体験でき、参加者同士で情報交流ができる場を提供する。また、海外リサーチに携わってきたシニアリサーチャーからの意見が吸収できるようなディスカッション形式のワークショップなども検討し、国内リサーチャーの「草の根」国際交流の場を作ることで「JMRAの内なる国際化」を図る。

  2. 海外MR協会団体との情報共有・交流のサポート
      APRC(Asia Pacific Research Committee)を始め、JMRAは、各国・各地域のマーケティング・リサーチ協会や団体と情報共有・交流を図ってきた。日本のマーケティング・リサーチ業界のプレゼンス向上の為に、引き続き、他地域のリサーチ協会や団体との情報共有・交流は必要であることから、必要に応じて国際委員会がJMRAとしての他団体との情報交流をサポートしていく。