本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
コンテンツ

調査の背景

戦略課題の明示

企画書では調査目的の概要を示し、また調査結果より導かれる内容がマーケティング課題または他の戦略課題に影響を与えるであろうポイントについて明示しなければならない。

 

調査票内容の範囲

企画書では、調査票/インタビューフローまたは他のデータ収集手段によってカバーされる内容の範囲の概略を示さなければならない(質問項目の流れをフローチャート等でわかりやすく解説するなど)。
一方、調査票/インタビューフローの詳細な様式はクライアントが正式にプロジェクトを発注した後に決定されるものであり、調査会社としてはそれ以前に最終形を示す必要はない。

 

代替案についての検討

解決すべき課題に複数種類のデータや代替データの収集方法が関連していると想定される場合、企画書では選択可能なそれぞれの代替案の利点と欠点について検討されていなければならない。
そして、それらの中から特定の(1つの)アプローチ法を選択・提案した理由が示されるものとする。
特定の調査手法を使用する場合(定性調査では投影法または同様の手法、定量調査ではコンジョイント分析といった統計手法等)、それらを最良な手法として選択した理由を付記し、その一般的特性について明記しなければならない。
また、定性もしくは定量的手法の選択は、その適切さによって判断されなければならない。

 

>>戻る