本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
H1

インターネット調査品質委員会

コンテンツ

 この10年の間にインターネット調査を取り巻く状況が大きく変化し、スマートフォンの普及と若年層パネルの枯渇によって、インターネット調査の存続が危ぶまれています。そこで今の時代にあわせたインターネットリサーチの品質基準を見直すとともに、持続可能なものしていくための啓蒙活動を行います。

  主な事業

(1)マルチデバイス時代の適正な調査ボリュームに関する研究
(2)ネットリサーチの適正化を目指した啓蒙活動"

2021年度委員会活動計画

2021年度委員会活動計画

(1)委員会の目的
  1. インターネット調査の回答負荷を軽減させる方策を提示する。
  2. オンライン定性調査の改善点や最新情報を業界関係者に届けていく。
(2)活動背景
  1. 調査票の質の低下がネットリサーチモニターのアクティブ率を低下させる要因になっており、多くの人に調査票の質を高める意識を植え付ける必要がある。
  2. ②2020年はオンライン定性調査元年となったが、オンライン定性調査の環境が次々と進化しており、国内外の最新情報をキャッチアップする必要がある。
(3)活動内容
  1. 悪い調査票の事例を共有し、それに対する改善策を指南するためのテクニックをとりまとめる。それをJMRAとしての出版や動画配信としてのコンテンツ化を検討する。
  2. オンライン定性調査に使用するプラットフォームの最新情報や国内外で実施されている新しい試みに関する情報収集を行う。そして、業界内に広く周知するために、オンラインでの交流会を企画し、情報発信を行っていく。
2020年度委員会活動報告

2020年度委員会活動報告

(1)委員会の目的
  1. 若年層が協力したくなる新しいネットリサーチを体現する。
  2. モニターおよび見込みモニターに向けたマーケティング・リサーチ業界の好感度アップを図る。
  3. スマートフォン時代のネットリサーチに取り組む先進的なクライアントの事例を広める。
  4. オンライン定性インタビュー調査に業界標準を浸透させる。
(2)活動概要
  1. 毎月の定例会による課題検討
  2. クローズドのSNSによる情報交換
  3. 日本行動計量学会、日本マーケティング学会での発表
  4. 外部団体との勉強会の開催
(3)活動内容・成果
  1. オンライン定性調査の指針の作成
    新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、対面で行っていたインタビュー調査もオンラインに切り替えて実施せざるを得ない状況となったが、ほとんどのリサーチャーにとっては初めての経験で、非常に戸惑いがあった。そこで、オンライン定性調査に初めてチャレンジする人でも安心して実査ができるように、「オンライン定性調査ファーストステップガイド」を作成した。
  2. インターネット調査のモニタリング指標の収集
    主要ネット調査会社に協力いただき、ネットリサーチ・モニターの健康診断を定期的に行っている。特に、アクティブ率が重要な指標であり、2019年はやや上昇したものの、再び下降に転じた。モニターのリサーチ離れは、クライアントにリサーチの価値を届け続けていくためにも食い止める必要がある。
どうがしょうかい

動画のご紹介(YouTubeへリンクします)

2020.7.28
インターネット調査ガイドライン第2版
 


2021年度セミナー活動報告

2021年度活動報告

2021.05.24   JMRAオンライン・ミニ・カンファレンス 2021
「ファーストステップガイド」
    
2020年度セミナー活動報告
2019年度セミナー活動報告
会員社のみ表示案内

ここから下はログインした会員のみに表示されます。