本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
H1

西日本コラボレーション研究会

コンテンツ

 リサーチの市場環境が激変する中、リサーチ会社各社およびリサーチャーは顧客期待値の多様化・高度化への対応と同時に、リサーチの普遍的価値の維持・発展の使命の両立を求められています。これらに対応するため、会員社間に於いて従来の関係性をより発展させる交流・協業・連携を促進する活動を行い、更にはクライアントである事業会社や広告会社との情報交換・交流の機会の創出にも取り組みます。
 本研究会の活動が活発化することにより西日本エリアにおけるJMRAのプレゼンス向上・エリア内での協会活動に寄与すると共に、将来的には本研究会の成果を西日本から全国に広く共有することを目指します。

主な事業

(1)年次西日本コラボレーション大会
(2)西日本に拠点を置くJMRA会員社向け独自コンテンツセミナーの開催
(3)JMRAが東京で実施しているセミナーコンテンツの誘致
(4)アライアンス推進のため、会員社各社によるケーパビリティプレゼンの開催
(5)メールマガジンの発行
(6)活動班メンバーによる定例会議

2021年度委員会活動計画

2021年度委員会活動計画

(1)委員会の目的
  1. 会員社間における交流・協業・連携の促進
  2. 各社の若手リサーチャーの育成・交流
  3. リサーチ業界・周辺業界の動向・ナレッジ共有
(2)活動内容
  1. 周年イベント開催(年に1回):
    西日本エリアの業界発展と各社リサーチャーの交流促進を目的に実施する。2020年度分の実施を見送った経緯から、2021年度早期の開催を目指す。今後2021年度分についてはオフラインでの実施を模索・検討する。
  2. インナー研修開催(全2~4回講座):
    在阪企業(支社)単独では、実施が困難な若手リサーチャーの育成のための研修を共同で実施する。併せて若手リサーチャーに同業他社社員との交流の場を提供する。
  3. アライアンスプレゼン開催(年に1~3回):
    a) 最新の情報にアップデートするためアライアンスシートの作成・更新を行い、各社のアライアンス促進を図る。
    b) 各社への業界情報およびリサーチ最新情報等を提供するためケイパビリティプレゼンテーションを開催する。
  4. 親睦イベント開催(年1回):
    会員各社の交流を促進するため、親睦イベントを開催する。また、周年イベントのレクレーションを企画・運営し参加者同志の交流を図る。
    ※コロナウイルスの収束状況をみつつ、状況により親睦イベントを中止し、2020年度に引き続きWithコロナ時代の課題共有を継続する可能性あり。
2020年度委員会活動報告

2020年度委員会活動報告

(1)委員会の目的
  1. 会員社間における交流・協業・連携の促進
  2. 各社の若手リサーチャーの育成・交流
  3. リサーチ業界・周辺業界の動向・ナレッジ共有
(2)活動概要
  1. 周年イベント計画(※実施は来季へ)
  2. インナー研修開催(全2回講座)
  3. アライアンスプレゼン計画(※実施は来季へ)
  4. Withコロナ時代の課題共有ワークショップ開催
(3)活動内容
  1. 周年イベントとアライアンスプレゼン
    共同企画としてオンライン実施を目指し計画を立てていたが、2~3月の緊急事態宣言を受け、実施は来年度(4~5月)へ変更した。
  2. インナー研修
    12月17日(木)16~18時、1月28日(木)16~18時の2回実施。第1回18名、第2回10名が参加。マーケティング・リサーチの基礎講座および実務のノウハウといったオンライン講義を実施した。
  3. Withコロナ時代の課題共有ワークショップ
    2月10日(水)15:00~17:30に実施。ZoomとJmaboradを利用したオンラインワークショップに5社6名が参加。コロナウイルス感染拡大による影響・対応策などを協議・共有した。
会員社のみ表示案内

ここから下はログインした会員のみに表示されます。