本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
コンテンツ

08’JMRAアニュアル・カンファレンス 参加者558名!!

 


(社)日本マーケティング・リサーチ協会
カンファレンス委員会
担当業務執行委員 牧田 孝
委員長 向田 良樹

 

JMRA2008年度アニュアル・カンファレンス

Catch the Wave

~時代の声に耳をすませよう~

 

 

過日1126日(水)、08 JMRAアニュア・カンファレンスが盛大に開催されました。参加者の皆様に厚く御礼申し上げます。

今年度は、正会員社53353名、賛助法人3169名、賛助個人11名、一般28名、海外16名、招待29名、海外招待6名、スポンサー招待76名、合計588名の皆様からお申込みをいただき、当日の来場者は合計558名となりました。

特別講演には東京大学大学院 人文社会系教授 上野千鶴子氏をお招きし、グローバルセッションではグーグル株式会社 高広伯彦氏からの講演をいただき、大変な好評を博しました。また、5件の公募発表からは、会場参加者の投票により、(株)インテージ 劉 晋寧氏(共同作成者(株)インテージ・インタラクティブ 佐藤 俊雄氏)による「中国のインターネットリサーチの現状報告 ~日中共同調査の比較より~」がベストペーパー賞に、(株)電通リサーチ 尾崎 優氏による「高度なモニター管理技術を用いた写真日記式モバイルリサーチ」がベストプレゼンテーション賞に選出され、表彰されました。

今年度は、ランチタイムに昼食ブッフェの提供、コーヒーブレイク時にコーヒー提供が行われ、ロビーエリアではサポートスポンサーによる展示が行われるなど、JMRAの新しい取組みが、数多く盛り込まれたカンファレンスとなりました。

カンファレンス委員会並びに事務局では、次年度以降もバージョンアップを試みつつ、このアニュアル・カンファレンスが、参加者にとって有益な機会となるよう企画してまいります。

ここに、開催のご報告をさせていただくとともに、参加者の皆様に厚く御礼申し上げます。

 

■研究発表者スライド(110日までの掲載となります。)

 

研究発表1:

BtoBブランド・コミュニケーションのポイント――IT分野の専門家を対象とした調査結果からの示唆――

(株)日経BPコンサルティング 村中 敏彦

 

☆ベストペーパー賞 受賞

研究発表2:

「中国のインターネットリサーチの現状報告--日中共同調査の比較より--」

(株)インテージ 劉 晋寧

 

研究発表3:

「世代分析からみた『食』生活環境の展望」

(株)リサーチ・アンド・ディベロプメント 小林 貴志

 

☆ベストプレゼンター賞 受賞

研究発表4:

高度なモニター管理技術を用いた写真日記式モバイルリサーチ

(株)電通リサーチ 尾崎 優

 

研究発表5:

生活者の行動志向に着目した環境コミュニケーションのターゲット・セグメント分類

(株)ノルド社会環境研究所 後藤 大介 寒田 亮

  

 冒頭挨拶される、カンファレンス委員会業務執行委員牧田氏と国際広報委員会業務執行委員三宅氏

  

Googlet高広氏と特別講演の上野先生

  

挨拶を行うJMRA会長 田下氏と 情報交流パーティの状況