本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
H1

ISO/TC225国内委員会 兼 マーケティング・リサーチ規格認証協議会

コンテンツ

 市場・世論・社会調査の品質管理に関する国際規格であるISO20252の普及促進とTC225への国際会議への参加・意見提案を行います。

主な事業

(1)ISO20252の普及促進
(2)ISO20252の改定作業、ISO19731の認証スキームの整備
(3)国際的な潮流への対応、公的統計業務におけるISO20252の「プロセス保証」への活用、 入札案件での加点ポイント化等の働きかけにむけた、コンプライアンス委員会や 公的統計基盤整備委員会との連携
(4)TC225(Technical Committee)の国際会議に日本を代表して専門委員を派遣し、日本の意見を反映させるよう提案"
 

委員会活動計画

2019年度委員会活動計画


(1)委員会の目的
①日本を代表し、「市場・世論・社会調査及びインサイト・データ分析」の品質管理に関する国際規格を所管するISO/TC225の活動に参画する。
②リサーチユーザー、調査会社、審査機関、所管官庁とともに、ISO20252の認証スキームオーナーとして同規格の普及促進に努める。
③EUのGDPRなど国際的な各種規制に関する情報収集と整理を行い、関連する委員会に対策等を提言する。

(2)活動背景
①調査市場のグローバル化に伴い、国際的な品質管理基準の維持と発展に関する顧客ニーズが高まっている。
②公的統計分野でも適切な「プロセス管理」の必要性が強く指摘されており、民間開放の機運が従来以上に高まっている。
③国際的に個人情報保護への要請と規制が強まっており、グローバル・スタンダードを意識した体系的な対策と取り組みが求められている。

(3)活動内容
①引き続きISO/TC225国際会議に参画し、日本の意見を反映させる。
②ISO20252の、よりいっそうの普及促進(認証取得15社以上を目指す。)
③ISO20252のJIS化に伴う広報・PRの強化(セミナー・勉強会等の実施)
④公的統計分野での、よりいっそうの認知向上・活用促進(入札条件への組込み)
⑤公的統計分野での民間アクセスパネル活用働きかけ(ISO認証区分「R」のPR)

(4)活動目標
①グローバル・スタンダードに即した品質管理基準の普及と徹底
②JMRA会員社の社会的地位向上と調査参加者に対する「安心・信頼」感の醸成
③JMRA会員社の責任によるトラブル等の未然防止
委員会活動報告

2018年度委員会活動報告

(1) 委員会の目的
① 日本を代表し、「市場・世論・社会調査及びインサイト・データ分析」の品質管理に関する国際規格を所管するISO/TC225の活動に参画する。
② リサーチユーザー、調査会社、審査機関、所管官庁とともに、ISO20252の認証スキームオーナーとして同規格の普及促進に努める。
③ EUのGDPRなど国際的な各種規制に関する情報収集と整理を行い、関連する委員会に対策等を提言する。

(2) 活動概要
① ISO20252の改定(第3版)に向けた国際会議に参画し、日本の意見を反映させる。
② ISO20252の認証取得促進を図るため、ISO認証支援センターを発足させる。
③ 2018年5月に施行されたGDPRに関する情報収集を行い、JMRA会員社向けにセミナー等を通じた情報発信と注意喚起を行う。

(3) 活動内容
① ISO20252改定(第3版)を議論するWG1(ベルリン)に委員2名を派遣
② WG1との日常的なメール連絡や電話会議への参加
③ 協会の新付属機関としてISO20252認証支援センターを設置
④ ISO20252普及やGDPR理解のためのセミナー・勉強会の実施、講師派遣
⑤ ISO20252普及促進のため、日本規格協会(JSA)のJIS化事業に応募

(4) 活動の成果
① 予定よりは遅延したものの、ISO20252第3版が2019年2月に発行された。
② 同じく2月に認証協議会(本会議)を開催し、新認証スキームを承認
③ 総会決議を経て、7月にISO認証支援センターが発足
④ JMRAの各種イベント・セミナー類を通じて、ISO20252の認証取得をアピール
⑤ 12月にJIS原案作成委員会が発足、ISO20252のJIS化に向けた取り組みを開始
⑥ 認証取得社「2ケタ化」に王手(来年度早期に10社目が認証される見込み)

役立ち情報
会員社のみ表示案内

ここから下はログインした会員のみに表示されます。