本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
H1

マーケティング・リサーチについて

コンテンツ
Q1  マーケティング・リサーチって何か
A1  市場調査ともいいます。 企業などの組織が、商品・サービスを提供するために、お客様を知り、お客様にあった商品・サービスをつくることで、様々な経営資源を効率的に運用するために顧客を知る活動がマーケティング・リサーチです。 商品・サービスの享受者である顧客(消費者など)側からみれば、マーケティング・リサーチが行われることで、自らの望む商品・サービスを利用することができるようになり、欲しくない・必要でない商品などの開発による無駄なコストが価格に転嫁されることを防ぐというメリットがあります。 端的には「消費者の声を聞くこと」といます。企業のマーケティングの一環として、顧客のニーズ・ウォンツをリサーチすること。 またその手法をさします。 私たちマーケティング・リサーチ協会会員の調査会社、マーケティング・リサーチ会社は、メーカー、流通、サービス企業のお客様をクライアントに、リサーチの実施を提案・実施する会社です。 消費生活者の皆様に、様々なテーマについての声を聞き、実態を把握するためアンケートやインタビューといった様々な手法でご意見をうかがうことがあります。

Q2  マーケティング・リサーチってどのように行われるのか
A2  調査会社が行うマーケティング・リサーチの方法には、様々な方法があります。 代表的なものをあげると 依頼電子メールやバナー広告からインターネット調査画面を提示し、インターネット画面に回答を入力いただくことでおこたえいただくインターネット調査、 直接皆様のお宅に調査員がお伺いしてご意見をお聞きする“訪問面接調査(留置調査)”、 電話でお答えいただく“電話調査”、 アンケートを郵便で送り、ご記入の上ご返送していただく“郵送調査”、 座談会形式でお話をお伺いする“グループ・インタビュー”、 会場にお集まりいただきお答えいただく“会場アンケート”等です。
アンケートには謝礼などがある場合が多いですが、いずれの場合も、皆さまのご理解とご協力の上に成り立っています。 特に難しいことをお聞きするわけではございません。 また、結果は個人のお名前などは関係なく、多くのお答を集計して20代女性の傾向は・・というふうに数値の結果として取り扱いますのでプライバシーが公開されるようなことはありません。

Q3  調査の結果ってどう使われているのか
A3  企業などの組織が、商品・サービスを提供するために、お客様を知り、お客様にあった商品・サービスをつくることで、様々な経営資源を効率的に運用するために顧客を知る活動がマーケティング・リサーチです。 商品・サービスの享受者である顧客(消費者など)側からみれば、マーケティング・リサーチが行われることで、自らの望む商品・サービスを利用することができるようになり、欲しくない・必要でない商品などの開発による無駄なコストが価格に転嫁されることを防ぐというメリットがあります。 マーケティング・リサーチは、このように顧客から企業への情報の流れをつくる活動のひとつであるが、「お客様相談センター」などが、顧客側から企業へアプローチされるのに対し、マーケティング・リサーチでは、企業の側から顧客へアプローチし、顧客側の情報を得るのが特徴である。 この特徴により、「自分から進んで文句を言わないが行動で示す(商品を買う・買わない)」ような多くの顧客の意見を商品・サービスに活かすことができる手段でもあります。(ウィキペィデアより抜粋)