本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
コンテンツ

CLT調査

CLT(Central Location Test)という調査手法は以下のように定義される。

あらかじめ会場を設定し、そこにリクルートされた調査対象者を入室させ、製品、または情報等についての評価・感想等を集団、または個人に対し、定量的にデータとして収集する手法をいう。 対象者のリクルートは会場付近の通行者の場合が多いが、あらかじめ約束をしているパネラー(モニター)の場合もある。

 注) CLT手法を狭義の範囲で規定した。
 注) リクルート手法については本ガイドライン<実査管理>及び「会場テスト(街頭
    リクルート)実施のためのガイドライン」で明記されている。

  • 営業企画
    • クライアントとの契約
    • 調査方法
  • 実査管理
    • 事前準備
      • 1.1.会場設定
      • 1.2.支給品・謝礼品管理
      • 1.3.インストラクション
    • リクルート
    • 実査
      • 3.1.街頭リクルート行為上の留意点
      • 3.2.街頭リクルートマナーの徹底
      • 3.3.インタビュー実施までの留意点
      • 3.4.インタビュー実施時での留意点
    • 飲食物の提供時における留意点
      • 4.1.事故防止
      • 4.2.事故処理
    • 謝礼品取扱いについての留意点
    • 調査結果の記録・管理

リクルーターの新人教育

新人のリクルーターのトレーニングについては、「会場テスト(街頭リクルート)実施のためのガイドライン」に準拠する。

>>戻る