本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
H1

広報・宣伝委員会

コンテンツ

リサーチの社会的役割の協会内外への広報・広告、トピックスセミナーや発信コンテンツの企画・検討を行います。

主な事業

(1)Webを中心とした情報発信、トピックスセミナーの企画
(2)メールマガジン類の発行
(3)協会の広報戦略の策定
 

2020年度委員会活動計画

2020年度委員会活動計画

ウェブ・メルマガ分科会 
  (1) 委員会の目的
    情報発信を軸とした業界の認知向上、賛助会員の増加
   ② ンターネットを通じた情報の共有化
   ③
学生向けコンテンツのさらなる拡充
     
 (2) 活動背景
   ① 賛助法人会員、賛助個人会員が2018年比減少しているため。
   ② 最新リサーチ動向の会員社同士の情報共有を密に行う。
  メルマガ会員数の伸び率が低い、学生への周知が不足している。
     
 (3) 活動内容
   ① Webを中心としたJMRA活動の積極的な情報発信
  上記を周知させるためのメールマガジン発行
   ③ メルマガ会員増加のための新たなチャネルの開拓
  メルマガ会員登録を促すためのメリット創出
     
 (4) 活動目標
   ① Webを中心とした情報発信
   ② メールマガジン類の発行(月1回)
   ③ メルマガ会員増加
   ④ 賛助会員増加
     
トピックスセミナー分科会 
  (1) 委員会の目的
   ① リサーチャーサイドだけでなく、クライアントサイドも巻き込み、オープンイノベーションを推進。クライアント企業と価値を共創する信頼関係の基盤をつくる。
   ② 様々な企業など、リサーチ業界外のプレイヤーも巻き込み連携する
   ③ リサーチ業界の人材をレベルアップし、多様な専門性を持つ異才の集まりを実現する
     
 (2) 活動背景
  マーケティング・リサーチ産業ビジョン実現に貢献する
     
 (3)活動内容
   ① Tech系コンテンツの作成、セミナー等の実施
   ② リサーチ活用事例コンテンツの作成、セミナー等の実施
   ③ アカデミック系コンテンツの作成、セミナー等の実施
  ヒューマンスキル系コンテンツの作成、セミナー等の実施
     
 (4)活動目標
   ①
中堅スタッフの他社交流を行う。
   ② 若手向けにデザイン、グラフィックの基本的なスキル習得の場をつくる。
   ③ レイ・ポインター氏講演実施により、JMRAのプレゼンスの向上を図る。
   ④ リサーチと直接関係しないテクノロジーについても情報発信し、業界の活性化を図る。

2019年度委員会活動報告

2019年度委員会活動報告

ウェブ・メルマガ分科会 
  (1) 委員会の目的
    情報発信を軸とした業界の認知向上、賛助会員の増加
   ② ンターネットを通じた情報の共有化
   ③
学生向けコンテンツのさらなる拡充
     
 (2) 活動背景
   ① 賛助法人会員、賛助個人会員が2018年比減少しているため。
   ② 最新リサーチ動向の会員社同士の情報共有を密に行う。
  メルマガ会員数の伸び率が低い、学生への周知が不足している。
     
 (3) 活動内容
   ① Webを中心としたJMRA活動の積極的な情報発信
  上記を周知させるためのメールマガジン発行
   ③ メルマガ会員増加のための新たなチャネルの開拓
  メルマガ会員登録を促すためのメリット創出
     
 (4) 活動目標
   ① Webを中心とした情報発信(カンファコラム、我が社のデータサイエンティスト等)
   ② メールマガジン類の発行(通番12回・4~3月まで毎月1回、号外2回)
   ③ メルマガ会員(2,535→2,937)
   ④ 賛助法人会員(85社→81社)
  賛助個人会員(107名→101名)
     
トピックスセミナー分科会 
  (1) 委員会の目的
   ① 生活者をもっとも理解した代弁者になる。。
   ② クライアントのビジネス的成功をドライブする存在になる。
   ③ 様々な企業やビッグデータホルダとイノベーションを起こす。
     
 (2) 活動背景
  メーカーのリサーチ活用実例を共有
  海外の最新事例の紹介
  アカデミックの知見による刺激
     
 (3)活動内容
   ① 賛助会員3社の担当者を招いてメーカーの実例を共有。
参加は正会員社のみのクローズドセミナー。クローズな場であったため、活発な議論が行われた。
   ② レイ・ポインター氏によるワークショップ実施
最新事例による刺激を受け、学びの多い場となった。JMRAメルマガでも特集された。
   ③ 神戸大学宮尾准教授を招き、ゼミ形式で活発なセミナーを実施
経験10年程度の参加者が多く、他流試合のようなディスカッションが展開された。

会員社のみ表示案内

ここから下はログインした会員のみに表示されます。