本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
H1

調査・アンケートの依頼をうけた際の疑問

コンテンツ
Q1  調査といいながらセールスでないか心配、座談会の案内が来たが行って物を売りつけられたりしないだろうか・・
A1  調査依頼のご案内書の会社が、協会の会員社であれば、セールスなどのご心配はいりません。 日本マーケティング・リサーチ協会の会員社は「マーケティング・リサーチ綱領」を遵守し、調査を装っての販売や勧誘は一切行っていません。 また、皆様の個人情報を外部に漏らすこともありません。
アンケートにお答えになったことにより、セールスがお伺いしたり、DMが送られてくるようなことは、決してありません。
座談会や会場アンケートなどで、指定された日時に指定の場所へ出向くような指示に不安があるようでしたら、お受け取りの依頼文書に、担当者の連絡先などが記載されているはずですので、事前にそちらへ問い合わせをし、当日かかる時間や当日の段取りなどをお問い合わせいただくことも可能かと思います。

Q2  不安なので調査を断りたい
A2  アンケートや調査は、協力者の皆さまのご好意によりなりたっております。 無理がなければ出来るだけのご協力をいただきたいと思いますが、何か不安なことがありましたら、依頼元の担当者へお問い合わせいただければ、不安解消のためのご質問にはお答えが得られるかと思います。 また、それがお手数で、今回はどうしてもご事情などがあるという場合は、調査への協力は任意であり強制ではありませんので、ご判断ください。

Q3  どうして調査するのか不安なので調査目的を知りたい
A3  依頼を受けた際の電子メールや郵送物に、調査実施会社の担当者名や連絡先が明記されているかと思いますのでご確認ください。 詳細な内容は、そのお問い合わせ先にご連絡いただくことで、各社の担当者が可能な限り対応をするはずですのでお問い合わせください。
 
Q4  モニター募集の案内が来たが登録して大丈夫か
A4  登録先の会社が、JMRAの会員社であり、その登録内容が確かにアンケートモニターということで、受け取られた方が内容を確認し、問題ないと判断されるようでしたら、とくに心配することはないかと思います。 登録の際には、規約などが提示され、承諾するよう求められる場合が多いので、その文書なども確認されることをお勧めします。 また、登録先が当協会の会員社でない場合や登録依頼内容に不明点がある場合などは、問い合わせ先にご確認ください。

Q5  なぜ自分が対象者に選ばれたのか
A5  一般的には、アンケートや調査の対象者は、その調査の目的などによって対象となる方の条件を定めその条件に合う方へのお願いをすることが多いです。 具体的には、登録されたモニターの皆様へのお願いをしたり、統計的な手法で、ある地域にお住まいの方にランダムにお願いをしたりすることがあります。 具体的に疑問を持たれた方法についてどのようにご自分が対象となったかをおしりになりたい場合は、調査実施会社の問い合わせ先などへご連絡ください。

Q6  アンケートの謝礼として謝礼金がでるのはよくあることか
A6  協力のお礼として品物や現金をお渡しすることがあります。 また、インタビューや会場でのアンケートなどに参加いただいた場合は、会場までの交通費を含めて謝礼として現金をお渡しする場合があります。 実際に謝礼として品物か現金か、またそれが何か、いくらか、というのは調査・アンケートによっても異なりますし、実施会社によっても異なります。 また、必ずしも品物や現金といった謝礼が発生するわけではなく、簡単なアンケートなどでは謝礼品・謝礼金が発生しない場合もありますのでご了承ください。

Q7  アンケートと一緒に謝礼品(図書券等)が既に同封されていて断りにくい
A7  もし事前に謝礼まで同封されていたとしても、アンケートにお答えいただくことは強制ではありません。 しかし、あらかじめ謝礼などが同封されていてもあやしいということはないので、お時間やご都合が許すようであれば、できればご協力いただければと思います。 受け取ったものの処理に困ることがありましたら、調査実施会社に問い合わせをしてみてください。

Q8  座談会において、印鑑を持参するよう依頼され、不信感がある
A8  座談会へ参加いただいた皆様へは、当日の謝礼や会場までの交通費として現金のお渡しをすることがあり、その場合、皆様からの領収書にサインをいただくことがあり、そのために、印鑑の持参をお願いすることがあります。 印鑑の持参を指示され、不安なことがあるようでしたら、一度事前に、実施会社の担当者へ問い合わせをし、何のために必要なのかご連絡をされるとよいかと思います。

Q9  アンケートに名前や住所、電話番号を記入するようにかかれているのだが
A9  各調査会社の実施する調査、アンケートでは、電話番号やご住所をお聞きする場合があります。 (とくに、回答者の皆様の自記入式でおこたえいただくような方法の場合などに多いです。) これは、後日ご回答いただいた内容について、不明な点を再度確認させていただいたり、調査が正しく行われたかどうかを確認させていただくためにご連絡をするためのものです。 調査が正しく行われたかの確認は、情報の品質管理のため、マーケティング・リサーチ会社は実施を義務付けられています。 また、JMRAの会員社においては、綱領などで調査協力者の権利として匿名性を守ることが定められておりますので、記入欄付近か、説明書などがありましたらそこに説明が付記されていたかもしれませんが、お聞きしたお名前、ご住所、電話番号は、調査実施のための目的以外には利用されませんし、調査終了後、責任を持って廃棄するはずです。

Q10  調査を依頼している会社(クライアント)を知りたいのに教えてくれないのはなぜか
A10  通常、調査をお願いする際には、調査依頼元のクライアント名などを対象者の皆様にもお教えすることが望ましいと考えておりますが、場合によっては、クライアントの会社名などをお伝えすることにより、お答いただきたい評価内容やご意見に偏りが発生するかもしれないと危惧される場合には、クライアント名などはお伝えしないこともあります。 調査実施の各会社で、アンケートの際にクライアント名を公表しても内容などに差し支えないという判断のときには、公表もしておりますので、内容などによりこのような場合があるということをご了承ください。