本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
H1

JIS Q 15001:2017準拠「マーケティング・リサーチ産業 個人情報保護ガイドライン」

コンテンツ

タイトル:

体裁:
発行日:
価格:

送料:
JIS Q 15001:2017準拠
マーケティング・リサーチ産業 個人情報保護ガイドライン
A4版 130ページ
2018年10月31日
3,500円 +税(JMRA会員価格)
5,000円 +税(一般価格)
500円

この度、一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会の定めております「JIS Q 15001:2017 準拠 マーケティング・リサーチ産業 個人情報保護ガイドライン」の第一版を発行する運びとなりました。

本ガイドラインは、2017 年12 月に公開された「JIS Q 15001 個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」の改正に伴うものです。改正「JIS Q 15001」では、プライバシーマークの要求事項における基本的な考え方は維持しつつ、2015 年9 月に成立した「改正個人情報保護法」(2017年5 月施行)に対応するべく、具体的な管理策が追加されました。今後、プライバシーマーク付与の審査は、順次、本ガイドラインに基づく審査に移行していきます。

マーケティング・リサーチ産業にとって、個人情報の保護は、最大の責務であり義務であることは論を待ちません。「マーケティング・リサーチ綱領」においても、データの収集目的を説明すること、同意を取得すること、不正アクセスから保護すること等が基本原則に盛り込まれています。
一方、デジタル・テクノロジーの進化によって、調査対象者を取り巻く環境は劇的に変化しつつあります。ソーシャルメディアやIoT の普及により、個人の意図しないところで不当にデータが収集され、利用されてしまうというケースも発生しています。このような社会環境の変化の中で、マーケティング・リサーチ産業は、より高いレベルで個人情報を保護していかなければなりません。そのことが調査対象者との信頼関係を構築・維持することの必須要件となり、将来にわたってマーケティング・リサーチ産業の基盤を保障することになります。
 
会員各社におかれましては、「マーケティング・リサーチ綱領」と本ガイドラインを『マーケティング・リサーチのバイブル』として日々の活動にご活用いただきますよう、社員一人ひとりへの周知徹底を是非ともお願い申し上げます。