セミナー セミナーカレンダー

米大統領選の予測はなぜ外れたか
-調査・統計・データサイエンスの実力を検証する- 申込み

日本マーケティング・リサーチ協会主催シンポジウム
<日本世論調査協会・社会調査協会・日本マーケティング協会・日本品質管理学会協賛>

米大統領選の予測はなぜ外れたか
―調査・統計・データサイエンスの実力を検証する―

印刷用パンフレット(pdf:505KB)

 2016 年の米国大統領選挙では、トランプ氏の勝利を予測できなかった世論調査やアナリストに大きな批判が集まりました。膨大なデータに基づき専門家が総力をあげて取り組んだにもかかわらず、なぜ予測に「失敗」したのか。米国では多くの分析と総括が行われていますが、その内容は日本の選挙予測、ひいてはデータサイエンスの活用に大きな示唆を与えてくれます。
 このシンポジウムの基調講演は、米国における選挙予測と戦略立案の第一人者である相田真彦氏をお迎えし、米国で実際にどのような予測・調査・分析が実施されたのかを振り返り、課題を明らかにします。今後の予測精度の向上をめざし、専門家による総括を公開で行う本邦初の試みです。
◆日 時: 2017 年9 月8 日(金)13:30-16:30(13:10 開場)

◆会 場: 日比谷図書文化館コンベンションホール<大ホール>(東京・日比谷)

◆定 員: 150 名

講演者・パネリスト(登壇順)

飯田 健 氏(同志社大学法学部政治学科准教授)
2007年テキサス大学オースティン校政治学博士課程修了。早稲田大学、神戸大学を経て現職。著書に、『有権者のリスク態度と投票行動』(2016 年、木鐸社)、『政治行動論:有権者は政治を変えられるのか』(2015 年、有斐閣、共著)など。

相田 真彦 氏(プリンシパル・サーベイ・サイエンティスト、シヴィス・アナリティクス(米国)
2005年ミシガン大学大学院修士課程修了。米国ワシントンDC の選挙コンサルティング会社で米国議会、地方議会、首長選挙、住民投票、米国外の選挙など幅広く選挙調査に関わる。2013 年に、バラク・オバマの再選キャンペーンの幹部スタッフとシヴィス・アナリティクスを立ち上げる。調査データと投票名簿を組み合わせた、マクロとミクロの予測を選挙キャンペーンで用いるマイクロ・ターゲティング分野で活躍。専門分野は、調査方法論、数理統計モデルを用いた選挙予測、機械学習。

前田 直人 氏(朝日新聞社世論調査部長)
1992 年朝日新聞社入社。山口支局、西部本社社会部を経て2000 年に政治部。政治部デスク、名古屋報道センターデスク、編集委員(政治担当)を務めたあと、2016 年から現職。

鳥山 忠志 氏(読売新聞社世論調査部長)
1989年読売新聞社入社。北海道支社、地方部、政治部、さいたま支局デスク、政治部デスクなどを経て、2016年から現職。

米重 克洋 氏(JX 通信社代表取締役)
1988 年生まれ。大学在学中の2008 年に報道系ベンチャーのJX 通信社を創業。独自の世論調査のほか、AI による緊急情報サービス「FASTALERT」を通じて在京キー局全局に速報を配信するなど「報道の機械化」に取り組む。Yahoo! ニュース個人オーサー。

プログラム

題名
時間
内容
講演者
13:30-14:00イントロダクション:「米大統領選挙の仕組み」飯田 健  氏
14:00-15:00基調講演:「2016 年米大統領選挙予測を振り返る」相田 真彦 氏
15:00-16:00パネルディスカッション:
「米国における予測の失敗から何を学ぶか」

モデレーター 萩原雅之氏(JMRA リサーチアカデミー委員会)
飯田 健  氏
相田 真彦 氏
前田 直人 氏
鳥山 忠志 氏
米重 克洋 氏
16:00-16:30質疑応答・会場とのディスカッション 
※当日、多少変更の可能性がございます。

会場

日比谷図書文化館 地下1 階
日比谷コンベンションホール(大ホール)
アクセス
〒100-0012 千代田区日比谷公園1 番4 号
            (旧・都立日比谷図書館)
●東京メトロ 丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」
C4・B2 出口より徒歩約5 分
●都営地下鉄 三田線「内幸町駅」
A7 出口より徒歩約3 分
●東京メトロ 千代田線・日比谷線「日比谷駅」
A14 出口より徒歩約7 分
●JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約12 分

参加費および支払い方法

JMRA 正・賛助会員社(者)
協賛団体(日本世論調査協会・社会調査協会・日本マーケティング協会・日本品質管理学会)会員社(者)
  1 名 9,000円+消費税= 9,720 円
一 般
  1 名 11,000円+消費税= 11,880円

○振込先 
  三菱東京UFJ 銀行 飯田橋支店(普通)4669542
  みずほ銀行     飯田橋支店(普通)660769
  (銀行振込時に振込手数料は差し引かずにお願いします)

■ 請求書と参加証は随時発送を致します。請求書到着後9月7日までにお振込みください。
 参加者が30名に達しない場合は、開催を見合させていただく場合がございます。
 その際は、事前にお申し込み者にご連絡差し上げます。

連絡先およびお願い

<連 絡 先>
 一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会
 東京都千代田区鍛冶町1-9-9 石川LKビル2階
 TEL 03-3256-3101 FAX 03-3256-3105

<お願い事項>
参加費はご欠席されても返金できません。お申し込みされた方がご都合の悪い場合
は代理の方がご出席ください。代理の方のご参加も難しい場合は、7 日前までに
ご連絡ください。それ以降の場合は下記のキャンセル料を申し受けますので予め
ご了承ください。
 キャンセル料
 7 日前~ 2 日前のキャンセル …………………… 参加費の20%
 前日のキャンセル ………………………………… 参加費の70%
 当日キャンセル、ご連絡がなかった場合 ……… 参加費の100%
 また、当日の録音機器等の持ち込みや写真・動画の撮影は、固くお断り致します。

個人情報の取扱いについて

下記の個人情報の取り扱いに関する事項についてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
■ 事業者の氏名または名称 一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会
■ 個人情報保護管理者 一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会 事務局長
■ 個人情報の利用目的 取得した個人情報は、お申込み受付対応およびセミナー運営のために利用いたします。「 登録の可否」欄に「可」としていただいた場合は、上記に加えて、JMRA メールニュース ( 月に一度の業界の情報をお届けするメルマガ) や参加セミナーの関連情報を配信するために利用いたします。
■ 個人情報の第三者提供について 本人の同意がある場合または法令に基づく場合を除き、取得した個人情報を第三者に提供することはありません。
■ 個人情報の取扱いの委託について 取得した個人情報の全部または一部を委託する場合があります。その場合には、個人情報の管理水準が、当協会が設定する基準を満たす企業等を選定し、適切な管理、監督を行います。
■開示対象個人情報の開示等および問合せ窓口について
本人からの求めにより、当協会が本件により取得した開示対象個人情報の利用目的の通知・開示・内容の訂正・追加または削除・ 利用の停止・消去(「開示等」といいます。)に応じます。開示等に応じる窓口は、下記になります。
一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会
個人情報 苦情・相談窓口責任者
(TEL:03-3256-3101   FAX:03-3256-3105)

申し込みはこちら

Get Adobe Reader PDF形式のファイルをご利用になるためには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerはアドビシステムズ社より無償で提供されています。