本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
協賛企業詳細

(株)消費者行動研究所

(株)消費者行動研究所

わが社の特徴

CBRの最も得意とする調査は、会場調査(CLT)および定性調査です。 過去35年に渡る飲み物調査のパネルデータ(年間4期計1万人)も保有しております。 豊富な経験とノウハウを活かして、企画・アレンジして行うことができます。

提供リソース

会場調査(CLT)は、新宿西口、渋谷センター街、吉祥寺、横浜の他、新宿御苑本社の5箇所に自社専用の調査会場を持ち、各地のレンタルホールも使用して、年間に50,000人以上の会場調査を実施しています。製品テスト(試食・試飲を含む)、パッケージテスト、シェルフテスト、コンセプトテスト、CMテストなど、消費者を対象としたあらゆるタイプの会場テストに対応可能です。調査会社様向けにはフィールドの請負業務、貸会場業務も行っております。 定性調査は本社に専用のインタビュールームをもち、専属のモデレーターとリサーチャーが、お客様の目的やニーズに合わせて、インタビューフロー作成から、リクルート、インタビュー、分析、提案まですべてを行います。 また強力なリクルート力を持っており、ターゲットとなる対象者を的確にすばやくリクルートして調査を実施することができます。 定量調査チームと定性調査チームの連携により、定量調査後の質的フォローアップや、定性調査から仮説を引き出し定量調査での検証といった一連のテストも確実に実施することが可能です。 【飲み物調査パネルデータ】年間4回京浜京阪神2500人ずつについて、各人1週間の飲用記録を取り続けています。過去35年にわたって、各種飲料の銘柄、味、容器、飲用量・杯数、場所、時間帯、飲用者特性などの貴重なデータをご提供できます。

メッセージ

CBRは四半世紀以上にわたり、日本の市場調査業界において消費者の精度の高い調査・分析を続けて参りました。訪問調査、会場調査やストア調査、その他電話・郵送などのあらゆる定量調査およびグループインタビュー、1-on-1インタビュー、ホームビジット、ショップアロングなどの定性調査を数多く実施して参りました。 マーケットで不動の地位を築いているブランドの製品開発段階においても、その調査に数多く携わってきました。 その経験とノウハウを活かして、個別案件ごとに高品質かつ効率的な調査を行えるようカスタマイズするCBRの能力の高さは、多くのお客様様から高い評価を頂いております。

会社概要

代表者名山田 直昭
本社所在地〒160-0022 東京都新宿区新宿1-15-9 さわだビル2F
電話番号03-5366-5266
FAX03-5366-5269
ホームページhttp://www.cbr.co.jp
Eメールcbrinfo@cbr.co.jp
設立年月日1980年6月19日
資本金1,000万円
従業員総数60名
登録調査員数25名
Pマーク登録番号12390035(09)
Pマーク有効期間2019年4月7日 ~ 2021年4月6日