本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
ないよう

定性調査 実務に役立つ企画力養成講座

講座内容
  狙い  

《調査意図を見極めて、分析的な視点で企画する力を身に付けます》

  • 企画は調査の羅針盤です。企画をしっかり考えることは、調査そのものの価値を上げ、役に立つアウトプットを 導くことに繋がります。
  • 本講座では、マーケティング課題を、調査目的・課題・フローへと落とし込む流れを、体系的に学びます。
  • 実際の実務の中でシマッタ!を無くしたい、より満足度の高い定性調査にしていきたい、そんな方々にご参加いただきたい講座です。

《実際に直面するような事例を使った実践的なワーク体験で、考える力を身に付けます》

  • まず個人で考え、次に少人数のグループでディスカッション、という組み合わせでワークを行っていきます。
  • 模擬 GI での対象者経験は、企画やフロー作成に生かせる貴重な体験になります。
  特徴  

《多彩な事例や模擬 GI などのワークを通して企画力アップを図ります》

  • 調査の意図を見極め、目的・課題をしっかりと考えることの重要性を理解する。
  • 模擬オリエンを受けて、パッケージなどの評価タイプの調査企画を作る。
  • ニーズなどを探索するタイプの調査企画を作る。
  • 企画で考えた調査課題を反映したフローをつくる ( 個別指導でフィードバック)。
  • フローが調査課題を反映できているか、模擬 GI で体験し、色々な気づきを得る。
  • マーケティング的な思考力の鍛え方をワークを通して学ぶ。

受講生の声

  • ワークが多く、座学で学んだことをすぐに実践でき、それのフィードバックをもらえるのがよかったです。講師の経験も交えながらの話もよかったです。
  • 業界が違うので、実際の調査業務での知識や基礎がほぼない状態だったが、調査の企画作りについてかなり体液的に学ぶことができ、とても充実していました。
  • 企画書作成だけでなく、オリエン・インタビューフロー作り・模擬インタビューなどの、定性調査全体の流れ一貫しての企画書の重要性がわかり、期待以上の+αの学びを得られました。
  • 企画作成の基本のほか、企画~実査までの幅広い内容を学べ、定量調査にも活かせそうな企画作りの基礎を学ぶことができ、非常に実践的な内容でした。

▼下部の申し込みボタンへ

すけじゅーる
日程及びプログラム
2022年7月7日(木)・13日(水)・20日(水)・27日(水)
各日13:00~17:00 (3日目の午前中に希望者への個人指導あり)
Zoomミーティングを使用
実務に役立つ定性調査企画力養成講座(オンライン講座)

※下記は昨年度のプログラムなので若干変更の可能性があります

1日目(7月7日(木)):調査企画の基本的な考え方を学ぶ/簡単な調査企画を作れるようになる
  • 調査企画の考え方・進め方(レクチャー)
  • 評価型課題の調査企画作成演習2例(ワーク)
2日目(7月13日(水)):探索的な調査企画が作れるようになる/調査課題を反映させたフローを作成できるようになる
  • 探索型課題の調査企画作成演習(ワーク)
  • フローの作り坂(レクチャー)
  • 探索型課題のフロー作成(ワーク)
3日目(7月20日(水)):模擬オンラインGIを通じて、課題を反映したフローとはどういうものかを学ぶ
  • 探索型課題のフローのブラッシュアップ(ワーク)
  • インタビュー時の注意点(レクチャー)
  • 模擬オンラインインタビューの体験
※午前中にフローの個人指導あり(希望者のみ)

4日目(7月27日(水)):問点を解消し、腹落ちさせる/マーケティング的な思考力の鍛え方を学ぶ
  • 全体の復習(レクチャー)
  • フローの作り方(レクチャー)
  • 今回の受講内容に関するQ&A
  • マーケティング思考力を鍛える(ワーク)
会場及びお問い合わせ先
講師
佐藤 雅子
フリーランス 定性リサーチャー
肥田 安弥女 氏 
フリーランス 定性リサーチャー
吉田 聖美
(株)ジャパン・マーケティング・エージェンシー マネージャー
会場

Zoomミーティングを使用
テスト接続及びセミナー当日のお問合せは、ミーティング内のチャットもしくはお電話(03-3256-3101)にて承ります

  • オンライン講座ですので、できるだけ静かで集中できる環境でご参加ください。
  • WiFiなど接続環境の良いところでご参加ください。
  • デバイスはできるだけPCでの参加をお奨めします。
  • PPTファイルでのワークがありますので作業できる環境をご用意ください。
  • 何名かに分かれてのグループワークも実施しますので、マイク、カメラ、スピーカーをご用意ください。

▼下部の申し込みボタンへ

たいしょう・ていいん・さんかひ
対象
  •  定性調査の経験のある方 ( 受注側・発注側を問いません )
  •  調査意図を見極めて、より質の高い企画を作りたい・より価値のある調査をしたい方
※定性調査をこれから学ぼうという方、定性調査を始めて日の浅い方は「定性調査がわかる基礎講座」も併せて受講されることをお勧めします
定員

15名 
※参加者が10名に達しない場合は、開催を延期させていただくことがございます。 その際は、事前にお申し込み者にご連絡差し上げます。

参加費

会員:1名 41,800円(税込)
一般:1名 64,900円(税込)

▼下部の申し込みボタンへ

しはらいほうほう
参加費支払方法(振込先銀行)

三菱UFJ 銀行 飯田橋支店(普通)4669542
みずほ銀行 飯田橋支店(普通)660769
(銀行振込時に振込手数料は差し引かずにお願いします。)

請求書はお申し込みいただいた後、メールでお送りいたします。
請求書到着後、開催前日までにお振込みください。

お願い事項

参加費はご欠席や通信ができない場合の返金はいたしません。お申し込みされた方がご都合の悪い場合は代理の方がご出席ください。代理の方のご参加も難しい場合は、7日前までにご連絡ください。
それ以降の場合は下記のキャンセル料を申し受けますので予めご了承ください。

  • 7日前~2日前のキャンセル………………… 参加費の20%
  • 前日のキャンセル …………………………… 参加費の70%
  • 当日キャンセル、ご連絡がなかった場合 … 参加費の 100%

・セミナーの録画録音や画面キャプチャーは、固くお断り致します。
・メールアドレスはZoom接続に用いるアドレスをご連絡ください。
・特殊なご事情(2つのデバイスから接続される場合等)がある場合は、お申し込み時の通信欄にご記入ください。
・開催数日前に設定いたします事前接続テストにご参加ください。

お申し込みバナー