本文へスキップします。

フリーワード検索 検索

【全】ヘッタリンク
【全・SP】バーガーリンク
たいとる

チュートリアル・セミナー(2019.10.23・11.29・2020.01.23)

ないよう

リサーチ・イノベーション委員会では、協会に所属するマーケティング・リサーチャーの知識向上を目指し、チュートリアル・セミナーを開催します。
大きな注目が寄せられている人工知能やAIの基礎について、専門家や第一線で活躍するリサーチャーが解説します。
各回は独立した内容ですので、ご興味・ご関心のある回のみご参加いただくことも可能です。
ぱんふれっと
パンフレットはこちら

パンフレット第1回    パンフレット第2回    

▼下部の申し込みボタンへ

すけじゅーる

日程及びプログラム

2019年 10月 23日(水) 13:00 ~ 17:00
第1回 基礎から理解するディープラーニング ~分析モデルをブラックボックスにしないために

ディープラーニングは、今話題の人工知能(AI)の中核となっている技法です。画像認識や自然言語処理に利用されています。便利なソフトウェアとライブラリのおかげで、利用のハードルは低くなりました。けれどもディープラーニングは、伝統的な統計分析とどこが違うのか?アウトプットだけでなく理論の本体までブラックボックス
化して、もやもやしているマーケティング・リサーチャーもおられるのではないかと思います。マーケティング・リサーチャーが長年慣れ親しんできた推定と検定は機械学習では要らなくなったのか?もう最小二乗法と回帰分析には出番はないのか?あるいはそうではないのかなど疑問はたくさんあると思います。
本セミナーでは、伝統的な統計学がディープラーニングにどう接合されるのかを解き明かします。実は機械が学習を進める内部メカニズムはそう難しいものではないので、その気になれば半日で理解できるでしょう。ディープラーニングをビジネスに展開することはもちろん大切ですが、その前にマーケティング・リサーチャー自身が、ディープラーニングをよりディープに学んで、一層の確信をもって実務に導入する後押しになれば幸いです。

○講師: 朝野 熙彦 氏(元都立大学教授)

▼下部の申し込みボタンへ

2019年 11月 29日(金) 13:00 ~ 17:00
第2回 MR 会社の現場で役立つ人工知能の利活用ユースケース

セミナーの前半では、佐藤暢章講師と分析担当リサーチャーより、医療用医薬品マーケティング・リサーチ分野における機械学習への利活用事例を紹介します。
まず、医療用医薬品市場と一般消費財市場の違いを、機械学習を分析に活用する視点から説明した後、実務にてRやPythonを駆使した分析を担当する若手リサーチャー2名から、実際の分析スクリプトを交えたユースケースを紹介させていただきます。

後半では、佐藤哲也講師が様々な集合知・人工知能関連技術の応用可能性・ユースケースについて解説します。
エンジニアの視点で見ると比較的シンプルなものを含め、マーケティング・リサーチに活用すべき技術は多様に存在し、十分に業務効率化や新商品・サービス開発の可能性を秘めています。集合知分野の研究者であった講師が、応用可能なユースケース、それに基づく新しいリサーチ・イノベーションの可能性について論じます。

○講師:
佐藤 哲也 氏(株式会社アンド・ディ 代表取締役/株式会社ルグラン CTO(最高技術責任者))
佐藤 暢章 氏(株式会社インテージヘルスケア執行役員)


▼下部の申し込みボタンへ

2020年 1月 23日(木) 13:00 ~ 17:00
第3回 各種分析ソフトウェアの実装と使用例(仮)
(調整中)

○講師:(調整中)

 

▼下部の申し込みボタンへ

会場及びお問い合わせ先
会場

JMRA研修室
東京都千代田区鍛冶町1-9-9 石川LKビル2階  (アクセスマップ
電話:03-3256-3101

▼下部の申し込みボタンへ

たいしょう・ていいん・さんかひ
対象
  • 正会員、賛助法人会員の社員
  • 賛助個人会員
定員

各講座 30名
※参加者が10名に達しない講座は、開催を延期又は中止させていただくことがございます。 その際は、事前にお申し込み者にご連絡差し上げます。

参加費

各回 :1名 3,000円 + 税

▼下部の申し込みボタンへ

しはらいほうほう
参加費支払方法(振込先銀行)

三菱UFJ 銀行 飯田橋支店(普通)4669542
みずほ銀行 飯田橋支店(普通)660769
(銀行振込時に振込手数料は差し引かずにお願いします。)

請求書と参加証はお申し込みいただいた後随時発送をいたします。
請求書到着後、開催前日までにお振込みください。

お願い事項

参加費はご欠席されても返金できません。お申し込みされた方がご都合の悪い場合は代理の方がご出席ください。代理の方のご参加も難しい場合は、7日前までにご連絡ください。
それ以降の場合は下記のキャンセル料を申し受けますので予めご了承ください。

キャンセル料
  • 7日前~2日前のキャンセル………………… 参加費の20%
  • 前日のキャンセル……………………………… 参加費の70%
  • 当日キャンセル、ご連絡がなかった場合……… 参加費の 100%
    また、当日の録音機器等の持ち込みは、固くお断り致します。
お申し込みバナー
第1回 基礎から理解するディープラーニング ~分析モデルをブラックボックスにしないために (2019.10.23)は定員に達したので申し込みを終了しました。
第2回 MR 会社の現場で役立つ人工知能の利活用ユースケース(2019.11.29)、第3回 各種分析ソフトウェアの実装と使用例(仮)(2020.1.23)は引き続きお申込みいただけます。